新年の挨拶

明けましておめでとうございます。
皆様の御多幸をお祈り申し上げます。

 皆様には日頃よりNPO法人新に御支援を賜り厚く御礼を申し上げます。

 昨年はNPO法人新にとりまして、大きな試練の年となりました。
 法人内ブランチ作業所の所長が通所者の預金などを着服するという不祥事が発覚、二年近くに渡りこれを把握できなかった事に対して法人の管理責任はたいへん重く深く反省しております。
 又事後の対応に当たっては関係機関各位の適切な御指導、御鞭撻を賜り心より感謝いたしております。
 被害を被った当事者の方々や当施設を利用されている皆様には多大なご心配やご迷惑をお掛け致しました事、衷心よりお詫び申し上げます。今後二度とこのような事の無いよう、対策に取り組んでいるところです。

 秋には台風二十一号の強風で本牧活動ホーム敷地内の電線が断線し施設内の電気機器に大きな被害を受けました。すべてが復旧するまでにだいぶ時間がかかりました。
 又磯子活動ホームでは庭の大木が倒れましたが人や物への被害が無く不幸中の幸いでした。

 このような中、ブランチ作業所「つぼみ」が高台から利便性の良い平地に移転できたことはうれしいニュースです。

 現在日中活動に通所している人達の中には親の高齢化に伴い家での生活が困難になっている人が年々増えております。障がいある人達が地域で安定した暮らしを継続する為には、グループホーム等安定した住いの整備が緊急の課題です。更には日中を支えるデイサービス、夜を支える生活の場、その間を繋ぎ支えるヘルパー等、加えて地域の医療や相談機関のスムーズな連携と協力こそが必要です。

 今年五月には名実共に新しい時代に移ります。NPO法人新も心ひきしめサービス向上に努め前進して参ります。
 皆様にはこれからも一層の御指導、御鞭撻併せてご支援を賜りますようお願い申し上げます。
  
 NPO法人新 理事長 稲葉 正美 
             2019年元旦

コメント


認証コード2944

コメントは管理者の承認後に表示されます。